MENU

KINDの家創り


全戸住宅性能評価書付

すべての建物が住宅性能評価書を取得。耐震・耐風・断熱など5項目で最高等級。

私たちは、住まいづくりで一番大事なことは地震や台風などの災害から家族を守る強い構造と考えています。地震や台風などの自然災害や厳しさを増す暑さ・寒さに対応した永く安心して暮らせる家づくりを目指しています。

住宅性能評価書

耐震等級とは、国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能等級です。建築基準法では、数百年に一度程度発生する地震に対して、損傷はするが倒壊しない程度のものを「等級1」としています。「等級3」は倒壊せず地震後も住み続けられる強さをもっています。病院や消防署など、非難所や救災活動を行う建築物も耐震等級3です。

工法・構造・施工会社などにかかわらず統一の基準で客観的に住宅の性能評価を行い、評価書にて表示するものです。新築住宅の場合、評価ポイントは10分野。設計段階、工事段階で国の指定を受けた評価機関によるチェックが行われ、その評価を受けて「住宅性能評価書」が発行されます。カインドはこの設計・建設の2つの性能評価書を全ての住まいで取得し、お引き渡し時にお付けしています。

 


安心・安全の建物構造

ベタ基礎
ベタ基礎
地盤に施工された鉄筋コンクリートが一体となって建物を支えるベタ基礎を採用。線で支える従来の布基礎と比べ、家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。鉄筋は150mm間隔の緊密なピッチで配筋。強い力を受ける基礎コーナー部には斜めにコーナーハンチ(三角)を造り剛性を高めています。
モノコック構造
モノコック構造
航空機や乗用車と同じ原理であるモノコック構造(一体化)を採用。壁・床・屋根の6面体となり、強固な箱型を形成することで建物のねじれや変形を防ぎます。地震や台風の際は外力エネルギーを6面体で受け止め、効果的に分散させることにより破壊されにくい建物を実現しています。
外壁通気工法
外壁通気工法
住宅の劣化が大きく関わる原因の一つが、室内から壁体内に入り込む湿気やそれに伴う結露です。KINDはこの湿気対策として、外壁通気工法を採用。外壁材との間に外気が流れる層を作ることで、壁体内の湿気をスムーズに排出します。このことで建物の内部結露を防ぎ、耐久性を向上させています。

オール電化

オール電化の住まいには「エコキュート」を標準装備。自然にもお財布にも優しいヒートポンプ式の家庭用給湯システム。キッチンはIHクッキングヒーター搭載。

ガス仕様

ガス仕様のお家は給湯と暖房に潜熱回収型の熱交換器を用い、従来は捨てていた燃焼ガスの熱までお湯づくりに再利用する省エネ給湯器「エコジョーズ」を標準装備。

システムキッチン

収納力のある片付けやすいシステムキッチンで毎日のお料理も楽に。

Low-Eペアガラス

エコガラスのLOW-Eガラスは、2層のガラスの間に空気と特殊金属膜を入れることにより、高い断熱効果を発揮します。一般複層ガラスと比較すると約1.5倍の断熱効果を発揮。また紫外線も約70%以上カットします。

浴室暖房乾燥機

冬場のヒートショックを防ぐ暖房機能はもちろん、梅雨や雨の日の洗濯物の乾燥機能もそなえる浴室暖房乾燥機。

TVモニタ付インターホン

室内にいながら、テレビモニターを通して来訪者を確認できる安心のTVモニタ付インターホン。ドアを開ける前に安全を確認出来て安心。


安心の保証

大切な住まいを自信を持ってお届けします!

ずっと安心して暮らしていただきたいから、建てた後もしっかりお客様をサポート!

 

安心の保証

地盤保証 20年

末永く安心して暮らしていただくために、KANJUでは全物件で徹底した地盤調査をおこなっています。
また必要に応じて強固な地盤改良を行い、地盤沈下などを20年間保証しています。

JIOわが家の保険

構造耐力上主要な部分と雨水浸入を防止する部分を10年間保証。国土交通大臣指定住宅性能評価機関日本住宅保証検査機構(JIO)による検査と保証。

自社10年保証

カスタマーサービスセンターによる社内アフター制度。お引き渡し時にアフターサービスブックを発行して、
定期訪問毎に回収。往復ハガキによる確認アンケートも実施しております。

防水20年保証

外壁下地材で使用する透湿防水シートは中からの湿気は排出し外からの水滴の浸入を防ぎます。
劣化が少ない高い耐久性で20年間の防水性能を保証致します。

白蟻損害補償10年

Jotoキソパッキング工法しろあり保証制度&白蟻防除施工損害賠償のW補償。

あんしん修理サポート

家だけでなく設備も長期10年間保証。10年間何度でも利用可能!新品交換含め無料修理!対象となる設備は当社スタッフにお尋ねください。


※物件により設備は異なる場合もございます、物件ページの設備詳細もご確認ください。設備ならびに仕様は予告なく変更する場合がございます。

※外構費は別途となります。

※その他構造など詳細はお問い合わせください。